若者世代のおカネ事情、10年後の予想年収は平均「430万円」 6割が「親より稼げる自信はない」

ジャパネット銀行は6月15日、ミレニアル世代のお金に関する意識・実態調査の結果を発表した。ミレニアル世代とは2000年以降に成人あるいは社会人になる世代のことを指す。日本では現在の高校生から新社会人といった18~25歳の若年層を指して使われることが多い。

調査は4月28日~5月9日、18~25歳の男女500人を対象にインターネットで行った。

使い道は「車」「旅行」「パソコン」 交際費の支出も多い