メルカリにヒカキンが次々と出品され本人困惑 価格は5万5555円、「僕ちんを売らないで」と訴える

現金や離婚届など様々なものが出品されて話題になっていたフリマアプリ「メルカリ」に、人気ユーチューバーのヒカキンさんが出品されるという騒動があった。ヒカキンさんは6月20日、「【悲報】メルカリにヒカキンが売られてた」という動画を投稿。「僕ちんをメルカリで売らないで」と訴えた。

同日、視聴者からツイッターで「売られてますよ」とリプライをもらった。出品された自身の商品ページを見たヒカキンさんは「もうちょっとキレイな写真にしてよ」と思ったという。使われていた写真は、徹夜していたときのもので、髪もボサボサだったからだ。

「日本が誇るNo.1YouTuberヒカキン、差し上げます」