「父はギャンブル依存から犯罪を起こし、捕まりました」――23歳の青年が依存症者の就労支援施設開業を目指す理由

ヒューマンアルバ社は非行歴・犯罪歴のある依存症者の治療と就労支援を行う民間回復施設開業のため、クラウドファンディングを行っている。

募集期間は6月29日~7月27日で、目標金額は300万円。達成すれば2017年12月に施設を開業するという。

「依存症者が再犯せず生きていくには、安定した仕事が必要」