働き方改革関連法案は「働かせ方改革に過ぎない」 弁護士や議員らが「残業代ゼロ」法案などを徹底批判

長時間労働を抑制するため、残業時間の上限規制が議論されている。しかし規制を盛り込んだ「働き方改革関連法案」には、「定額で働かせ放題」という批判の根強い「高度プロフェッショナル制度」までもが含まれている。

日本労働弁護団は9月14日、「『働き方改革』一括法案を斬る! 緊急院内学習会」を開催し、これらの政策を「関連法案」に一本化しようとする政府を批判した。

「残業の上限規制も、過労死ラインを合法化するもの」