「嫌なら見るな」論争――悪いのは見た人を苛立たせるコンテンツか、それとも批判したいがために見る人か

「嫌なら見るな!」という言葉を聞いたことがあるだろうか。テレビ番組などのコンテンツに対し、ネット民が「つまらない」とか「辞めろ」なんて野次を飛ばすことがある。そういった声に対し、コンテンツの提供者側がしばしば用いるのが「嫌なら見るな!」である。

一見すると筋が通っているようにも思える言葉だけど、最近では意識していないのに勝手に目に飛び込んでくる不快なコンテンツってのもある。敢えて名指ししないものの、「お前が無思慮にガンガン発信してなければ反感も抱かれないのに、嫌なら見るなとはどうなのか」と思ってしまうケースも少なくない。(文:松本ミゾレ)

「見なければ具体的に論評はできない」という意見も分かるけど…