仕事と介護の両立問題、「介護を理由に働き方を変えた」が6割―「また休むのか、と言われた」と嘆く声も

人材サービスなどを提供するディップは9月19日、「はたらこねっと ユーザーアンケート ―介護と仕事の両立について―」の結果を発表した。調査は1月16日~3月22日にインターネットで実施し、同社運営の「はたらこねっと」ユーザー1043人から回答を得た。

家族の介護が必要になった際、「仕事との両立をしたい」と回答した人は88%にのぼった。また介護経験について、「過去に経験がある」「今している」と回答した人は合計35%で、うち39%が「そのまま仕事を続けた」という。

しかし以降は「介護と両立できる仕事へ転職した」(31%)、「職場は変えず、時短や休業をとった」(15%)、「離職した」(15%)と続き、約6割が介護と仕事を両立できるように働き方を変えていたことが分かった。

中には「実際問題、就職できないと思いました」という人も