地方出身の長男にのしかかる「いつかは地元に」問題 Uターン転職を「辛すぎる縛り」と感じる人も

僕は九州育ちの一人っ子だが、親に全く頼りにされていないので何年も地元に戻っていない。一応長男であるのに、ここまでのんびり暮らしていられるなんて、自分の境遇に感謝してもし切れない。

だが、地方出身の長男坊となれば、普通はここまで自由にはやっていけないものだ。少なくとも僕の同級生たちを見れば、大卒で首都圏に就職しても、30歳前後で続々と地元に舞い戻っていった。

別に都会の生活に疲弊したというわけではない。地方育ち特有の、「長男だから地元に戻って家族の面倒を見なければならない」や「家業を継がなければならない」というパターンが、マジで多いのだ。彼らからすれば、地元ってのはある種の呪いのようなものなのかも知れない。(文:松本ミゾレ)

「そろそろUターン転職の時期かぁ」自分の生まれの不幸を呪う…