「あんなに好きだったのに……」現代オタクの熱が冷める瞬間 「作り手も受け手もオタクオンリー」という指摘も

僕はオタクだ。だけど、20世紀のスタンスのまま、進歩をしないオタクだと思っている。エポキシパテを練って怪獣を作ったり、ガンプラを改造してみたり、70年代に流行した消しゴム人形を集めるのが大好きなので、最近のオタクの人とは話が合わない。

ネットでトレンドに挙がるような人気アニメの話も分からないし、大人気とされる声優の顔も分からない。自分のペースで細々とやることを信条にしている。

手を広げすぎると破綻するので、趣味がつまらなくなるようなリスクは、極力避けたいと思っている。だからオタクを辞めようと思ったことはない。

ところがネット上ではしばしば「もう〇〇のファン辞める」とか「オタクは卒業するわ」みたいな発言を見かけることがある。こういう発言をするにはそれなりの背景があるんだろうけど、なぜわざわざ辞めるのか、ずっと疑問だった。(文:松本ミゾレ)

オタク文化が広まり過ぎてひっそりと楽しむことができなくなった?