【過労死白書】外食産業の管理職、疲労蓄積度が特に高い傾向 売上のプレッシャーと長時間労働で疲弊

10月頭に発表された今年度版の過労死白書では、外食産業を重点的に取り上げている。厚労省によると、外食産業は過労死等が特に多く発生している業種の1つだという。

白書では、2010年1月から2015年3月の間に労災認定された「宿泊業・飲食サービス業」の事案と、2016年12月から2017年2月にかけて、当該業種企業と労働者を対象に行ったアンケートを分析した。結果から、管理的立場である店長やスーパーバイザー等の肉体的・精神的負荷が大きくなっている実態が明らかになった。

上司と部下の板挟み、本部からの理不尽な要求・クレームで疲弊