日本人の通勤時間に関するまとめ 片道1時間は当たり前?無駄に過ごす人も多数

アットホームの調査(2014年)によれば、首都圏在住で5年以内に住宅購入をした子持ちサラリーマンの平均通勤時間は58分。平均的なケースなら、片道約1時間、往復で約2時間を通勤にかけているというわけだ。ちなみに、理想的な通勤時間は平均35分なので、20分以上の開きがある。

欧米には「通勤手当」という制度はないそうだが、日本では自宅からの交通費が全額支給される企業も多い。郊外に行けば行くほど住宅費用は安くなる傾向にあるため、交通費が高くても通勤手当が出るなら、支出を抑えるために郊外に住む人は自然と多くなるだろう。

会社に近い場所に住むとかえって残業をしてしまい、「社畜化」するのではという声もある。しかし、往復2時間という時間は、年間(20日×12か月)にすると480時間。通勤時間を有効活用できない場合は、それだけ人生の大切な時間を無駄にしているともいえる。【→詳しく見る】

通勤が長くて睡眠不足? 日本で一番つらいのは神奈川県民かも