神戸製鋼の不正発覚で内定者悲鳴 「人生が台無しにされた」「内定は辞退する」「父親に頭を下げて就留」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

神戸製鋼の不正発覚で内定者悲鳴 「人生が台無しにされた」「内定は辞退する」「父親に頭を下げて就留」

神戸製鋼所が自動車や航空機メーカー約200社に納入したアルミ板や銅製品の強度を偽装していたことが10月上旬に発覚した。同社の不正によって影響を被るのは、取引先や製品のユーザーだけではない。

就活中の学生が数多く利用する「みんなの就職活動日記」(楽天)の掲示板には、同社の内定者からの「人生が台無しにされた」「なにしてくれとん」といった怒りや困惑の声が相次いでいる。

「この時期まで内定者に黙ってるなんてほんとクソだわこの会社」

今後、神戸製鋼はどうなるのだろう?

今後、神戸製鋼はどうなるのだろう?

ある学生は、

「現実を受け入れられない…周りの同情の目が痛いし親もガッカリしてるし。人生が台無しにされた」

と心境を吐露した。せっかく大手企業への就職を決めていたのに、大規模な不正の発覚となれば「人生が台無し」と感じるのも無理はない。

内定を辞退し、就活をやり直そうと考える人も少なくないようだ。

「内定はふつうに辞退する」「不正の報道を受け内定辞退を考えています」
「まだ大手で秋採用継続してるとこ多いっぽいし、就活再開するか~」

といった書き込みが多数寄せられていた。ただ、「この時期から再開してまともな企業に受かるわけない」といった声もある。

すでに大手企業では内定式を終えており、神戸製鋼所と同等の企業に就職するのは難しいだろう。不正の発覚自体は8月だったため、「この時期まで内定者に黙ってるなんてほんとクソだわこの会社」と怒る人もいた。

不正が発覚する前の10月1日には、「皆さん明日懇親会ですね!わたし緊張して眠れないです!」といった書き込みもあったが、この学生は今頃どうしているのだろうか。

「就浪して、『神戸製鋼内定してたんですけど…』って言えば同情してくれると期待」

今から就活を再開するのではなく、就職留年を選ぶ人もいるようだった。

「お父さんに頭下げて就留さしてもらうことにしました」
「就浪したら来年面接で理由尋ねられても『神戸製鋼内定してたんですけど…』って言ったら同情してくれることを期待して蹴ることにしました」

しかし就活を再開するにしろ、就留をするにしろ、学生の負担は重いだろう。

研究室からの推薦で内々定をもらった学生からは、「この状況ならさすがに推薦使ってても辞退できるますよね?」と心配する声も上がっていた。通常、推薦で貰った内々定を蹴ると、その研究室の後輩が推薦を受けられなくなるからだ。

就活を再開しても大手企業は軒並み募集が終わっており、就職留年をするのも大変だ。かといって、そのまま入社する学生も不安を拭い去ることはできないだろう。実際にどうなるかはわからないが、会社の行く末を不安視する書き込みが非常に多い。同社に就職を決めていた学生は気の毒だとしか言いようがない。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 「クックドゥ」めぐり議論勃発 「彼女には使って欲しくない」「文句言うならカレーはスパイスから調合しろ!」
  2. スーツなのにスニーカーで通勤ってどうなの? スポーツ庁の「推奨」にネット「ダサすぎる」「普及してほしい」など賛否両論
  3. 若者の「外出離れ」、一体何が起きているのか 特に20代男性で顕著、ネットの影響か
  4. 「ストロングゼロ文学」がついにNHKでも取り上げられる事態に 識者「不安や孤独をさらけだして共感してもらうことへの安心感」
  5. セクハラか否かは人による? 「男性差別では」の問いに住田弁護士「そうなんです。だからオジサンは気を付けて」
  6. 会社でぼっち状態、誰とも話しません――職場での孤独を訴える人々に「周りの人もおかしい」という指摘も
  7. 老後のお金が心配な人達の悲痛な叫び「50歳で安楽死を切望」「子どもがいても身内が多くても怖いもんは怖い」
  8. 強気な値上げを敢行! 東京ディズニーランド&シーが狙いを定める「ターゲット客層」
  9. 落合陽一、口唇口蓋裂の息子の写真を投稿する理由明かし大反響 「ありがたい」「当事者として心に響く写真ばかり」
  10. 1回で6000円買う高齢者も 移動スーパー「とくし丸」が救う「買い物弱者」

アーカイブ