「トヨタの福利厚生は日本トップレベル」 2017年自動車業界「働きやすい会社」ランキング

キャリコネニュースでは、約100万人が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」のデータから業界別で「働きやすい会社ランキング2017年下半期版」を作成。今回は自動車メーカーのランキングを発表する。

対象は2016年10月1日~2017年9月30日の期間に評価が10件以上寄せられた企業で関連部品メーカーなどは除外し、ランキングを作成した。

製造業の中心を担う自動車産業。国内乗用車メーカーはトヨタ、日産、ホンダの3陣営に集約しつつあるが、近年、電動化や自動運転技術などで電機メーカーなども巻き込む開発競争が加熱。国内新車市場は2年ぶりに500万台(2016年度、日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合)を回復し、国内生産台数も3年ぶりにプラスとなっている。

ユーザーは、次の6つの選択項目をそれぞれ5点満点で評価している。

「労働時間の満足度」「仕事のやりがいを感じるか」
「ストレス度の低さ」「休日の満足度」
「給与の満足度」「企業のホワイト度(ブラック企業でないか)」

これら全項目の平均点が、その企業の働きやすさの指標となる。

1位:本田技研工業 平均3.64点
2位:トヨタ自動車 平均3.63点
3位:日産自動車 平均3.42点
4位:マツダ 平均3.30点
4位:ダイハツ工業 平均3.30点
6位:SUBARU 平均3.26点
7位:三菱自動車 平均3.24点
8位:いすゞ自動車 平均3.23点
9位:日野自動車 平均3.15点
10位:スズキ 平均2.70点

1位の本田技研工業の社員「社内コンペなど新アイデア取り入れる意識は業界随一」