2018年卒の就活、約5割の企業で何らかの「フィルター」 学歴だけでなく、商社や金融では「容姿」も対象に

学歴フィルターは確かに存在するようだ。アイデム人と仕事研究所は11月1日、「2018年卒新卒採用に関する企業調査」の結果を発表した。調査対象は、インターネット調査会社のモニターに登録する、企業の新卒採用担当者766人。

2018年卒の新卒採用で学生の属性や特徴に対してフィルターを設けていたのは46.5%と、約半数の企業に上ったことが分かった。

フィルタリング項目に「性別」を挙げる企業も一定数