保育士への理解促進ドラマ制作に予算2億円 東京都の新事業候補の概算がどんぶり勘定過ぎ?

東京都は「都民による事業提案」の投票を12月8日に開始した。従来の発想に捉われない新たな視点から都政の課題を解決することを目的に今年から試験的に導入された制度で、9月末~11月で集まった255件の提案から、都で再構成した6分野26案が投票先に挙げられている。

しかし、案の中には効果や見積もり額の妥当性に疑問が浮かぶものも多い。

「だれでもトイレ」のマップアプリ制作に予算2億円