会社員にも「パラレルキャリア」の時代到来か? 副業のメリットと始め方まとめ

これまで原則禁止とされていた副業や兼業が、政府の推進する働き方改革の一環で、原則容認の姿勢に転換されつつある。厚生労働省が公開している「モデル就業規則」は、企業が就業規則を制定する際のひな型となるものだが、この中から副業・兼業禁止規定を無くす方向で改定が進められているのだ。

経団連もこの動きに呼応し、加盟企業に副業・兼業容認についての検討を促す方針を明らかにした。ロート製薬、サイボウズ等、有名企業が既に副業を解禁していることもあり、複数の仕事を掛け持ちする人は既に増加傾向にある。今後、政府の後押しを受け、ますます多くの人がパラレルワークに舵を切ることになりそうだ。

会社員の副業は会社にも本人にもメリットがある