「子どもにお年玉をあげない」という親が約2割 背景に「家計緊縮」がある?

子育て支援などを行うアクトインディは昨年12月、「2018年お年玉調査」に関するアンケート結果を発表した。調査は昨年11~12月、同社運営のおでかけ情報サイト「いこーよ」上で実施。保護者458人から回答を得た。

2018年の正月に、自分の子どもに1人あたりいくらのお年玉をあげるかを聞いた。「3000円以上あげる」と回答した人は3歳未満で16%、未就学児で22%、小学校低学年で20%と、低学年以下は約2割程度となっている。

また中学年は41%、高学年は62%となっており、学年が上がるにつれお年玉の金額が高くなる傾向があった。ちなみに1万円以上は未就学児で10%、低学年で4%、中学年で9%、高学年で22%となっている。

親は「貯金」してほしいけど、子どもは「おもちゃ」に使いたい