20代で結婚したい人は減少傾向 未婚男女の約4割が「成り行きにまかせる」と消極的

20代のうちに結婚したいと思う人の割合は、時代と共に減少傾向にあるようだ。楽天オーネットは、30~34歳、40~44歳、50~54歳、60~64歳の男女336人を対象に調査を実施し、1月16日に結果を発表した。

成人したときに20代で結婚したいと思っていた女性の割合は、60代の73.2%に対し、30代が62.5%と、10ポイント以上低い。逆に、30代で結婚したいと思っていた女性は、60代が2.4%、30代が7.5%と、若い世代ほど多い傾向が見られた。

「今後も一人でいたい」生涯独身を希望する男性も1割存在