【悲報】若手社員は”リア充上司”が理想? 社外活動に熱心な人の方が職場に馴染んで仕事に満足している傾向も

リクルートマネジメントソリューションズは2月6日、上司の社外活動に関する意識調査を発表した。調査は昨年10月にインターネットで実施し、20~50代の正社員519人から回答を得た。

仕事一筋の「仕事人間」「会社人間」な上司より、ボランティア、地域活動、勉強会参加や育児などの”社外活動”が充実している上司の方が人間的にも魅力があると思うと回答した人は、20代一般社員で40.2%にのぼった。

40~50代管理職(32.3%)と比べると7.9ポイント高い結果となり、若手社員は”リア充”なボスを求めていると言えそうだ。

理想の上司、若手社員「早く帰る人」、管理職「プライベートも含めて付き合える人」