転職失敗で年収半減した40代高学歴男性 「自分のやりたいこと」を追求して、仕事も家族も失うことに

総合力が求められる時代といわれても、やはり根強い学歴重視の風潮。就職で有名企業に入るとなると、やはり旧帝大や早慶といった上位校の学生であることが依然として重要な要素になってきます。

しかし中には、大手企業に就職して安泰かと思いきや、想定外の人生を歩んでいる高学歴男性もいるようです。都内国立大学の経済学部から、大手金融に就職した三上遥斗さん(仮名・40代)。30代前半で結婚、2人の子どもにも恵まれて、順風満帆な人生を歩んできました。ところが、三上さんの心の奥では、長年に渡り違和感が渦巻いていたとのこと。(取材・文:千葉こころ)

年収700万円でも人生モヤモヤ、三流大卒でもイキイキ働く同級生に触発され……