「がんばらない経営」で知られるケーズデンキ 小売に珍しいホワイトな労働環境

働き方改革が連日ニュースを騒がせているが、競争の激化が続く家電量販店において、「がんばらない経営」で成長を続けるケーズホールディングスが注目を集めている。

買い換え需要などの影響でテレビやエアコンなどが売れ行き好調な家電量販店各社だが、先月5日に発表された2018年3月期第3四半期の連結決算では、ケーズホールディングスも売上高5135億3000万円(前年同期比3.0%増)、営業利益247億4900万円(35.1%増)など好調な数字が並んだ。

北関東・東北を地盤にケーズデンキを全国展開し、2017年3月期連結従業員数は1万4041名(うち臨時従業員 7427名)。店舗数は2017年3月末の485店舗(直営:481店舗/FC:4店舗)から、店舗網の強化・経営効率化を図った直営店6店の閉鎖や直営店16店の開設などで、先月末には496店舗となった。

当記事では2012年から現在までキャリコネに寄せられた口コミなどから、そんなケーズホールディングスのホワイト経営ぶりを紹介していきたい。(※参照元 キャリコネ ケーズホールディングス)

競争激化の家電量販店で貫く社員ファースト 従業員からも評価の声