働く女性の半数が「女性であることは不利」と回答 「出産・子育て」「生理」「昇進」で壁を感じる

化粧メーカーのシーボンは女性国際デーにあわせ3月8日、「第1回働く女性に関する意識調査」の結果を発表した。調査は今年2月に実施し、20~60代の有職者女性2254人から回答を得た。

現在の職場環境で女性活躍は実現しているかを聞くと、「実現している」「どちらかと言えば実現している」の合計が38.0%。しかし「どちらとも言えない」が33.2%、「今は実現していない」「どちらかといえば実現していない」の合計が28.9%で大きな差は見られなかった。

女性であることが不利だと感じるかを聞くと「不利だと思う」(15.6%)と「どちらかというと不利だと思う」(29.8%)の合計が45.4%。半数近くが不利に感じているようだ。

男性社員に勝っていると思うのは「コミュ力」が最多