心霊スポットで「幽霊を見た」という話が伝聞ばかりなのはなぜ? 「これは親戚が~」「私の友達の友達が~」ばかり

僕は幽霊の存在は信じていない。未だにばっちり意識が覚醒しているときに、「これぞ幽霊」と思しきものに出会っていないからだ。

人の知覚なんて意外と信用ならない。昔から「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」という言葉があるように、見間違い、見当違いが関の山だとされている。僕も同感だ。(文:松本ミゾレ)

「私のいとこの友達が経験した、本当の話です」なんて絶対ウソだろ!