【ゴールデンウィーク格差】有休で12連休の人がいる一方、「仕事上難しい」と中日に出勤の人も

今年のゴールデンウィーク(GW)は、5月1日(火)と2日(水)に休めれば9連休にすることができる。旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」が4月9日に発表した調査によると、20~50代の男女会社員400人の23%が両日とも休む予定だという。

1日と2日に限らず、GWに有給休暇を取得する予定の人は27%いて、日数は「2日」が42%で最も多い。次いで29%もの人が「5日以上」と答えている。カレンダー通りの休みなら、5日加えると12連休だ。超大型連休にしようとしている人もいるのかもしれない。

GWは2人に1人が旅行の計画 人気の海外旅行先はハワイ、台湾、アメリカ