「被害女性の特定に何の意味があるのか」山口達也の件で性暴力被害者支援団体がコメント「マスコミも報道の仕方考えて」

山口達也さんが今年2月、強制わいせつ容疑で書類送検されていた件で、様々な噂が広がっている。初報のNHKは、山口さんと被害者は「仕事を通じて知り合った」と報じていたが、山口さんがNHKEテレ「Rの法則」で司会を勤めていたことから、「被害者は同番組の出演者ではないか」と噂が広がった。

その後、民放テレビ局が「Rの法則で知り合った16歳の女性」と報じたため、ネットでは被害者特定の動きが活発化。番組出演者の一人である17歳の女性タレントではないかという推測が広がり、ツイッターやインスタグラムではジャニーズファンから誹謗中傷を受ける事態になった。

「多くの事件で被害者は、そっとしておいてほしい、と望んでいます」