食べきれなかった外食「持ち帰りたい」7割 でも実際にしたのは3割程度「お店が対応しているか分からない」のが高いハードルに

日本の食糧廃棄処分量は年間621万トン。今年に入り廃棄せざるを得ない食事を安価で購入できるサービスが提供されるなど「食品ロス」に関する機運が高まっている。リクルートライフスタイルは5月23日、外食で食べきれなかった料理の持ち帰りについてのアンケート結果を発表した。

調査は今年2月にインターネットで実施し、首都圏・関西圏・東海圏に住む20~69歳の男女1万7062人から回答を得た。

直近1年で「外食で料理を食べきれなかった」経験がある人は58.7%で、過半数が回答している。特に20~40代女性では6割以上が経験しており、地域別に見ると首都圏が60.5%と東海・関西圏よりも高い結果となっている。

「移動中の汁こぼれや匂いが心配」と懸念する人も