今年60歳になる人のバブルエピソード 「10年預金したら残高が倍」「同時に6人の女性と付き合っていた」

プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険6月6日、「2018年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」の結果を発表した。調査は今年4月にインターネットで実施し、今年還暦を迎える1958年生まれの男女2000人から回答を得た。

今年60歳になる人に還暦を迎える実感を聞くと、「実感がわかない」が72.7%となった。自身は何歳相当だと思っているかを聞くと、平均精神年齢が45.6歳、平均肉体年齢が54.5歳で、実年齢よりそれぞれ13.7歳と4.8歳若いと感じているようだ。

人生の中で黄金期を感じる時期があると回答した人(1792人)に、何歳の頃の自分が最も輝いていたかを聞くと「30~34歳」(19.5%)が最多。また幸せの絶頂を感じる時期がある人(1620人)に、いつが幸せの絶頂だったかを聞くと、これも「30~34歳」(21.5%)が最多となった。

「毎日忙しかったのに、帰宅後入浴を済ませてディスコ」「ボーナスが10か月分」