「免許9回落ちました。まだ諦めない方がいいですよね」という投稿に「諦めて」など意見集まる | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「免許9回落ちました。まだ諦めない方がいいですよね」という投稿に「諦めて」など意見集まる

画像はイメージ

自動車免許の学科試験はほとんどの人が1~2回で受かるものだが、お悩み解決掲示板に1月末、「普通免許これで9回落ちました。まだ諦めない方がいいですよね」というスレッドが立ち注目を集めた。スレ主の年齢や性別は定かではないが、書き込みによれば学科試験で落ちているそうだ。

この問いかけには「9回はヤバいで。運転、向いてないタイプ」「生涯事故無く済むことはなさそう」などの指摘が入ったが、スレ主はすぐに

「向いてるよ」 「自動車学校にも通ったし大丈夫に決まってる。失礼な人だ」

などと反論。つまり、いまのところ諦める意思はないようだ。(文:okei)

「知的判断力、記憶力、反射神経諸々が通常よりも劣っている」という批判

スレッドの反応は、「諦めろ」と「頑張って」という意見、両方が入っていた。ただ、諦めろ派のほうが多い印象で

「諦めよという天からのお告げレベル。事故したら一生モン」 「交通ルールを理解して安全に運転出来る頭が無いんだから無理しないであきらめな!」

など厳しめの声が目立っていた。中には、「6回落ちて7回目でようやく受かった」という元彼の話をする人も。その元彼は「1年という短期間で4度の単独事故」を起こし、「最後の横転事故で車は廃車」になったという。これを書いた女性は

「最終的に試験をパスできても、普通の人が1発で受かる試験に6回(スレ主さんは9回ですが)も落ちるという事は、知的判断力、記憶力、反射神経諸々が通常よりも劣っているからに他ならないと思う」

と痛烈に批判、事故の危険性も切実に訴えていた。ほかにも、6回目で受かったという人が「頑張って免許は取ってもペーパードライバー位でいいと思います」と助言している。

「免許があるとないとじゃ、その後の人生大きく変わるよ」という励ましもあるが…

一方で、「諦めないで」「教科だったら勉強して努力したら合格できるよ」と励ます人も一人や二人ではなかった。

「免許があるとないとじゃ、その後の人生大きく変わるよ。やっぱり免許があると仕事を選べる幅も増えるしね」

と免許のメリットを説く声も。勉強法や良い参考書、学習アプリを勧める人もちらほら。確かにその通り努力すれば免許は取れるかもしれない。教習所に通って運転技術を身に付けた後では、学科に落ちたくらいで諦めたくない気持ちも分かる。

ただ、9回というのはやはり限度を超えているのではないだろうか。自動車免許の学科試験は90点以上が合格ラインで、もちろん1点でも足りなければ合格しない。引っかけ問題が多いことでも知られているが、人の命がかかっているのだから正しく読み取れず引っかかる人が不合格でも仕方ないだろう。

スレッドの声には

「そこまで落ちるなら、向いてないという考え方もあるよね。(中略)大丈夫に決まってるなんて言ってるのは実に危険」

という指摘もあり、筆者も同感だ。運転は交通規則を覚えていることはもちろん、瞬時に適切な判断が求められる。数十年ペーパードライバーの筆者は、うっかり者ゆえ一瞬で人の命を奪う危険性がある車の運転は恐ろしい。過度に恐れる必要もないが、トピ主は「大丈夫に決まってる」と過信しており、どこか危うさを感じてしまう。

「人には向き不向きがある」といっても実技で順調だった人は「向いていない」とは自覚しづらいだろう。スレ主は批判の多さからか返信するのをやめてしまったようだが、もし免許が取れたとしても、運転者は誰でも他人の命を危険にさらす恐れがあることは、肝に銘じておいてほしい。

【参照元 お悩み解決掲示板:https://onayamifree.com】

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  2. 上司に出す印鑑は「左に傾ける」のがマナー? ネットは「狂ってる」「社畜魂だな」と大批判
  3. 社外の人の前で身内を「さん付け」はなぜダメ?「相対的に相手を下げるから」に納得できない人達
  4. 「勤勉な国は生産性が高いはず」 生産性本部会長のコメントに「勤勉にサービスしすぎるからダメなんだよ!」と専門家落胆
  5. 東京で相次ぐ「コルク狩り」の背景 「ヤンキーにとってコルク半はステータス。よそ者がかぶっていると許せない」
  6. 「マナーが良い喫煙者は非喫煙者の前でタバコを吸わない」に賛否 気を使いっぱなしの喫煙者が「気の毒」という声も
  7. 過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」
  8. 真価が問われる20代、30代の女の友情 「結婚して疎遠になるようならそこまでの友情だったって事」
  9. 職場での不快な話題1位「偏見に基づいた話題」 男性は「仕事のグチ」女性は「性的な話題」を嫌う傾向
  10. サマータイム廃止した奈良県庁、導入時の庁内で起きていたこと「生活リズム崩れて体調不良と眠気」「早く来ても早くは帰れない」

アーカイブ