RADWIMPSの新曲の歌詞が「軍歌っぽい」と物議 「日出づる国の御名の下に」「気高きこの御国の御霊」

人気ロックバンドRADWIMPSの新曲の歌詞が物議を醸している。同バンドは6月6日、ニューシングル「カタルシスト」を発売。カップリング曲の「HINOMARU」の歌詞には愛国的なワードが散りばめられ、ネットでは「軍歌」と揶揄する声が相次いでいる。

同曲の歌詞は、「風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に」と日本の国旗を描写するところから始まる。

「七十数年前にこういう歌詞の曲が乱発された結果とんでもない数の人が死んだ」