【30歳で年収600万】大手なら高待遇の電車運転士 人身事故がトラウマで辞めたくなることも

これまでキャリコネニュースでは様々な有名企業で働いてきた人たちの口コミを紹介してきたが、当記事では職種ごとに限定し口コミを紹介していきたい。

今回、取り上げるのは電車運転士たちの口コミだ。電車運転士になるためには鉄道会社に入社し、まず駅員として利用客の対応や改札業務など様々な経験を1年から数年間積み、社内試験に合格してさらに車掌業務を数年間経た後、国家試験を受け運転士の免許を取得する必要がある。【運転士の口コミはこちらから】

「ダイヤ乱れなどで遅れが発生しても1分単位で手当てが付加され食事なども支給」