若新雄純氏、高プロ対象者の交渉力疑問視 「わがまま言わず育ってきた人に、交渉力あるのか」

高度プロフェッショナル制度を含む働き方改革関連法案が6月29日、参院本会議で可決・成立された。高プロは、年収1075万円以上の専門職で働くサラリーマンが対象で、ワークライフバランスの実現や労働生産性の向上などのメリットがあると謳われているが、「過労死の温床になる」いった批判の声も根強い。

高プロでは、高年収のサラリーマンは会社と交渉力があるという見方の下、対象職種と年収が決められているが「綺麗事に過ぎない」という指摘も出ている。

同日放送の「モーニングCROSS」(テレビ東京系)でもこの問題を取り上げ、スマートニュースの松浦シゲキさんと慶應義塾大学特任准教授の若新雄純さんが、それぞれの視点で「交渉力」について意見を述べた。

松浦氏、「企業と交渉してだめだったら転職すればいい」