年収1000万円以上のミドル層が副業をする理由 1位「知見・視野が広がる」、2位「新しい人間関係を構築できる」

エン・ジャパンは6月29日、「副業(パラレルキャリア)」に関するアンケート結果を発表した。調査は5月7日 ~ 31日にかけて実施。「ミドルの転職」を利用する、35歳以上の転職経験のある1144人から回答を得た。

全体で30%のミドルが「現在。本業以外での活動もしくは副業をしている」と回答。年収別に見ると、年収1000万円以上で31%、年収1000万円未満で30%となっており、あまり差は出なかった。

副業中の人に、「副業に取り組む理由」を聞くと、最も多かったのは「報酬が得られる」(57%)、だった。次いで「知見・視野が広がる」(46%)、「本業の収入だけは充足していない」(40%)も上位にランクインした。

年収別に比較すると、年収1000万円以上は1位「知見・視野が広がる」(67%)、2位「新しい人間関係を構築できる」(50%)で、副業を通じて刺激や充足感を得る事が目的だとうかがえる。

年収1000万円未満は1位「報酬が得られる」(60%)、2位「本業の収入だけは充足していない」(42%)だった。年収1000万円未満の人は収入を増やすことを目的にしている傾向があるようだ。

具体的な副業の取り組みについては、「本業以外の単発の仕事」(46%)が最多だった。年収1000万円以上では「株式投資」(22%)、「起業」(15%)、「不動産投資」(13%)、「仮想通貨への投資」(13%)など、投資関連が目立った。

「副業の成果が本業で認知され、実際の業務での活用や売上貢献につながった」