「ハラスメントが蔓延」「教育制度がない」 新人がすぐに辞める職場の特徴とは?

仕事辞めたい

仕事辞めたい

「セクハラ、パワハラ、モラハラなどあらゆるハラスメントがある。多くの新入社員がそのせいで辞めているが、院長にまで話がいかず、入ってもすぐ辞めるため、よく求人が出ている」(医療事務、40代前半、女性、正社員、年収200万円)

「特定の人物だけ贔屓されている。若い社員は長続きせずすぐ辞める。辞められないのは家族養っている人で他に転職できない人」(プログラマ、30代後半、男性、正社員、年収350万円)

「基本的に人を馬鹿にした態度です。こちらから話しかけても『どうせすぐ辞めるんだろお前』みたいな感じでとりあってもらえません。そんな態度だから新人は案の定すぐやめます。そして新しい新人が入りまたそんな態度ですぐ辞めるの繰り返し…」(映像制作、20代前半、女性、その他、年収50万円)

いじめやパワハラ、セクハラなど、職場の雰囲気や人間関係が悪く、新入社員が続かないという口コミが多く見られた。

新卒採用で入社した若い社員にとっては、ギスギスした空気の淀んだ環境はショックが大きいだろう。また、中途採用で入社した人は前職や他社と比べ、長く続けられない職場だと判断するかもしれない。

新人がすぐ辞めるため、職場は慢性的な人手不足となり、求人広告では常に人材を募集している状態となる。就職や転職をする際は、求人を長期的にチェックしながら企業名を意識しておくことも必要かもしれない。

「入ってもすぐ辞める」「教育環境がずさん」新人が育たない会社

「新入社員が育ちにくい。教育環境がずさんなため、すぐ辞める」(法人営業、30代後半、男性、正社員、年収240万円)

「教育制度はなく、人の入れ替わりが多い。新卒で入社する人が少なく中途採用が多い。教育制度がしっかりしていないため、中途入社してもすぐ辞める人が多い」(ルートセールス、20代後半、男性、正社員、年収320万円)

「中途入社、退職者が多く、人の入れ替わりが激しい。若い人は入ってもすぐ辞めるらしいので、上層部の教育研修体制を見直す必要がある」(施工管理、50代後半、契約社員、年収300万円)

新人研修やフォローなど、教育体制が確立されておらず、新入社員が育ちにくい職場も多い。初めて社会人となる新卒採用者も、他社では経験のある中途採用者も、新しい職場ではルールや慣習など、初めて触れることばかり。

本来ならば教育を受け、上司や先輩につきながら仕事を学んでいくが、「見て盗む」「見よう見まね」といった現場も多く存在する。もちろん、自分から率先して学びにいく姿勢は大切だが、新しい環境で放置され、必要な情報を聞きづらい環境は、新入社員を精神的に追い詰めてしまう。

仕事内容の厳しさ以上に、職場の人間関係や空気が良いかどうかは、「働きやすさ」に直結する。いじめやパワハラが横行していたり、まともな教育制度もなく業務についていけなかったりするなど、居心地の悪い職場からは人は離れていく。

企業にとっても、せっかく採用した社員がすぐに辞めてしまうと、採用にかかった費用は無駄になるうえ、再度求人を出さなければならない。新入社員の定着率を高めることは、コスト削減にもつながる。企業も現場の責任者も、ギクシャクした人間関係の解消や教育制度の確立に力を入れ、人材を大切に扱う意識が必要だ。【参照元 キャリコネ すぐ辞める】