「30歳になるのが怖い」 29歳独身フリーターに「婚活してもまだ需要ある」「気負うことが減る」と励ましの声

もう30歳じゃん!

もう30歳じゃん!

「越えてみたら意外とちっちゃいハードルよ」
「超えてもこんなもんかだよ」「30歳になったら諦められるよ」

「私も同じ気持ちだった」という共感とともに、「なってみたら大したことないよ」となだめる声が目立った。

「30歳になってもね、32歳くらいまでは20代の気分だよ。着てる服装もそんなに急に変わらないし、実年齢よりも若く見られたり、まだ合コンとかの誘いがあったり、意外と29歳の頃より焦らなくなる」

30歳になっても20代と変わらずに過ごせることもあるようだ。しかし実際に30歳になってみないとわからないので、30歳直前は余計な不安に駆られやすいのかもしれない。

「30歳ならまだ大丈夫。婚活してもまだギリギリ需要ある。需要無くなって見た目も老けてくるのは34歳くらいから。それまでに頑張れ」
「これを機会に本気だしなよ。30ならまだいける、けっこう何でもできる。ただ35過ぎすると、体力的にも精神的にもその他もろもろきつくなるよー 」

30歳よりも35歳前後のほうが現実が厳しいという指摘があった。30歳になるということは、年代が変わるので表面的な変化は大きいが、身体的・社会的な影響は35歳前後に痛切に感じるようだ。

「それぞれの年代に年相応の幸せがある」

「今36だけど30代楽しいけどな?何かわからんけど解き放たれた感じ。気負うことも随分減ったし、いい意味で女を意識しすぎないで済む」
「私は、30になってから人間関係がもっと怖くなくなった!ハッキリ自分の意見がもてるのも、言えるのも、自分が半ばの年齢になると言いやすくなったよ」

トピ主の不安に反して、30代のほうが20代より良いという意見も。年齢を重ねたほうが、いろんな悩みや不安が吹っ切れて楽に生きていけるからだ。

「そーそー!あたしも29のとき30になるのが恐ろしくて怖かったよ。でも!今幸せよ!大丈夫!それぞれの年代に年相応の幸せがあるから。大丈夫」

 実態がどうであれ、未知なものには怯えてしまうのが人間だ。このコメントのように、その年代ごとの幸せがあると思ってあまり悲観的にならずに年を重ねていきたい。