板東英二、巨人の窃盗問題で「他の球団でもこういうことはあった」 給料を盗られて大騒ぎになったことも

川崎市の読売ジャイアンツ球場のロッカールームで選手のユニフォームを盗んだとして、元巨人軍の柿沢貴裕容疑者(23)が7月8日、窃盗容疑で逮捕された。これまでに人気選手の道具など約110点を盗み売却し、約100万円を手に入れたと報じられている。柿沢容疑者は、「生活に困窮していた」などと供述しているという。

巨人軍では、2015年に3人の選手が野球賭博に関与していたことが発覚。2016年3月には、試合前の円陣で声出しを担当した選手が試合結果によって金銭を受け取る「声出し祝儀」が明るみになり、2017年には、傷害と器物損壊のトラブルも起きている。

7月10日のバラいろダンディ(TOKYO MX)でも、この話題を取り上げた。立て続けに起こる巨人軍内部での不祥事に、組織的な原因があるのではという見方をする人が多い中、元野球選手の板東英二さんは「昔もこんなことはあった。他の球団でも無きにしもあらずだ」と、自身の経験を述べた。

「何億も貰っているトップクラスと並んで飯を食うのは辛い」動機に一定の理解