ゲゲゲの鬼太郎・目玉おやじ「学校で勉強する必要はない。じゃが学ぶ必要はある」が深いと話題 「悪い大人に騙されたあとでは遅い」

8月5日放送のアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(フジテレビ系)の第19話で、目玉おやじの発した言葉が説得力にあると話題になっている。

今回は、子どもたちの中でまことしやかに囁かれる「おばけの学校」が登場。学校や塾を嫌がる子どもたちは「朝は寝床でグーグーグーだし、試験もないらしいぜ」と、自らおばけの学校に足を踏み入れてしまう。

不審に思った鬼太郎もおばけの学校に向かうが、妖怪の先生が行うカエルの解剖を受ける子どもたちは「本物初めて見た」と興味津々といった様子で学んでいる。

「国語がわからなければ嘘が分からない。社会を知らなければ社会そのものに騙される」