アパレル業界で転職を繰り返す20代女性 求人票は嘘ばかり、賞与は飲み代レベル、女性ばかりの職場で疲弊

人手不足や好景気などを背景に、転職市場の活況ぶりが報じられている。管理職経験者や専門スキルの有無などに関わらず、多くの年代や職種で転職者が増加。中小企業から大手企業の正社員に、といった転職例なども伝え聞かれる。

20代のうちの転職はもはや当たり前。入社3年未満という比較的短期間のうちに転職を繰り返す若者も少なくないようだ。そこで当記事では大学卒業後、4年半の間に2回の転職を経験した女性の転職事例をご紹介する。

テナント料が月100万円なのに売上16万円という店舗