世田谷区・まんがワークショップの騒動巡り「ネット私刑」活発化 「被害者への共感はわかるがそれと晒し上げは別」識者が注意喚起

『岡崎に捧ぐ』で知られる漫画家・山本さほさんが、世田谷区のイベントに講師として参加した際、職員から杜撰な対応を受けたとする騒動。世田谷区は10月4日、公式サイトに謝罪文を掲載した。

10月5日に山本さんはツイッターで、担当職員の上司2人から謝罪があったことを明かした。しかし、ネットでは、職員本人からの謝罪がなかったことに不満を漏らす人も少なくない。中には、職員の本名や顔写真などを特定し晒そうとする人も出ている。

ITジャーナリストの井上トシユキさんはこの動きについて、ツイッターの投稿を見る限り「担当職員の対応が適切でない」とした上で、「その問題と、晒し上げるのは別問題」と警鐘を鳴らす。

人権侵害で刑事事件として訴えられる可能性もある