就活ルール廃止、茂木健一郎が支持「日本企業が21世紀に追いつくには新卒一括採用廃止・通年採用実現が必要」

経団連は10月9日、大手企業の採用面接解禁日などを決めた「採用選考に関する指針」を廃止すると正式発表した。現在大学2年生である2021年春入社以降の新卒学生からは、いわゆる「就活ルール」がなくなり、政府主導で作られた新しいルールが適用される見込みだ。

通年採用を進める企業からは賛成の声も聞かれるが、採用活動が長期化するのではと懸念する声もあがっている。脳科学者の茂木健一郎さんは同日、ツイッターで「経団連の就活指針廃止、支持します」と表明した。

「キャリアパスの多様性を尊重できない企業が、付加価値を生み出せる時代ではない」