『獣になれない私たち』ガッキーの職場がブラック過ぎて視聴者苦悶「前社と同じでゾッとした」「悪夢が蘇ってきて鬱になる」

新垣結衣さんと松田龍平さんが主演のドラマ『獣になれない私たち』(日テレ系)が10月11日、スタートした。

脚本は『アンナチュラル』『逃げるが恥だが役に立つ』などを手がけた野木亜紀子さんということもあり放送前から注目されていたが、ネットでは新垣さん演じる深海晶の「職場環境がひどい」という声が相次いでいる。

晶はECサイトの制作会社で営業アシスタントだが、社内の人材不足もあって担当外の業務もこなしている。朝6時半には社長から「ビット社の件はどうなった」「甘草製薬のプレゼン資料の確認」等のLINEが入り、出社後は社内キャビネットの鍵を開ける等の庶務をこなし、自分の担当ではないプレゼン資料の修正も行っていた。

逃げた後輩の尻拭い、同僚の代理で土下座、取引先からセクハラまがいの電話