「ホワイト企業アワード2019」エントリー企業を募集中! 「柔軟な働き方」や「健康経営」「生産性」など10部門

優秀な人材の獲得競争が激化する現在、企業価値を高めて生き残っていくためには、ホワイト企業であることが第一条件になっているといっても過言ではない。そうした中、ホワイト企業を表彰する「ホワイト企業アワード2019」がエントリー企業の募集をスタートした。

ホワイト企業アワードは、一般財団法人 日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト財団)が、次世代への規範となるような取組をしている組織を広く認知させるために、2016年から毎年実施。従業員にとって働きやすいというだけでなく、事業の生産性も高い会社を評価することが特徴だ。

前回(2018年)の応募総数は877社。3次通過は41社で、そのうち27社が各部門で受賞している。受賞企業の中にはニトリホールディングス(理念共有部門)、ライフネット生命保険(EAP部門)、エキサイト(ワークシェアリング部門)、アキュラホーム(オフィス環境部門)といった有名企業も名を連ねている。

経営課題の解決に繋がる「将来性」や、世の中に広く普及できる「再現性」を審査