ゆるキャラGP、カパル優勝の裏に「ふなっしー」との絆 「ふなっしーさんの初めて出た公的イベントが”志木市民まつり”」

全国のゆるキャラの頂点を決める「ゆるキャラグランプリ」が11月17~18日に開催され、志木市文化スポーツ振興公社(埼玉県)の公式キャラクター「カパル」が優勝した。昨年11位から大きな躍進だ。

カパルがゆるキャラグランプリの頂点を極めた要因について、志木市文化スポーツ振興公社の担当者は「全国のゆるキャラファンが応援してくれたおかげです」と述べた上で、

「カパルにはゆるキャラ友だちが多いので、彼らが応援してくれたのも大きいです。カパルも参加する、ふなっしーさん率いる『CHARAMEL』のバンドメンバーも応援してくれました」

と話す。それもあってかツイッターでは「#カパルとてっぺんに2018最期の挑戦」「#caramel」とハッシュタグを付けて投稿する人も少なくはなく、バンドファンにカパルに投票するよう呼びかける声もあった。

カパルは河童をモチーフにしており、2000年に志木市民会館パルシティ職員の卓上メモ用紙にて誕生。公式キャラに採用され、公社広報誌で活躍を期待されるも廃刊。約10年間、存在を忘れられていた。

2011年にゆるキャラブームが盛り上がり、市民会館のツイッター公式アカウントが「そういえばウチにもキャラがいるんだよ」という投稿から注目され、カパルは復活。今ではゆるキャラたちによるバンド「CHARAMEL」のベーシストとしても活動している。

「ふなっしーさんとはSNS開始時期、3次元化時期が同じ」ブレイク前から懇意