大阪万博の開催は「税金の無駄」それとも「夢洲の有効活用」? ネットで賛否「お金を使う余裕が日本にあるのか不安」

2025年の万博の開催地が大阪に決定した。ロシアのエカテリンブルグ、アゼルバイジャンのバクーとの候補地争いを制した形だ。日本で国際万博が開かれるのは、2005年の愛・地球博以来になる。

誘致委員会のHPによると、大阪万博は2025年5月3日から11月3日にかけて開催される。日数でいうと185日間だ。主な会場になるのは大阪湾の人口島・夢洲で、来場者は2800万~3000万人、誘致委員会は2兆円の経済効果があると試算されている。

2020年の東京オリンピックに続く国際イベントの決定に歓迎の声がある一方、開催によって「税金が増えるのでは」と、財政上の負担を懸念する人も少なくない。

会場建設費は1250億円、経済効果は2兆円を想定