社長の約3割「社長になりたいと思ったことはない」 学生時代、7人に1人は「問題児」 

ESSPRIDEは11月28日、「社長の学生時代」についての調査結果を発表した。

社長の学生時代は……?

社長の学生時代は……?

社長に中学・高校時代はどのような学生だったのかを聞いたところ、「学級委員長」(19.0%)、「部活動のキャプテン・部長」(18.0%)など、リーダー的存在だった人が多かった。一方で、「問題児だった」と答えた社長も15%おり、「優等生」(11.0%)を上回った。

調査は、全国の20~59歳の男女で従業員2人以上300人未満の経営者を対象に実施。100人から回答を得た。

社会人になってから役立つバイトは飲食店、「人と接する仕事は、人間性の向上に役立つ」