忘年会は「勤務時間内にやってほしい」「居酒屋開催に飽きた」社会人の半数 7割は「仕事の一貫」というスタンス

貸しスペース事業を行う「スペースマーケット」は11月27日、「職場の忘年会に関する調査」の結果を発表した。社会人の71.3%が「忘年会を仕事の一貫だと思う」と答えており、「勤務時間内に実施してほしい」と考える人が48.8%いる。

「職場の忘年会に参加したくない」と思う人は39.6%で、主な理由には、「プライベートを優先したい」(24.1%)「上司の対応が面倒くさい」(18.5%)が挙がった。調査は、今年11月16日~19日の間に実施。全国のスペースマーケット会員を対象に行い、1585人から回答を得た。

「ランチ忘年会」「鍋パーティー」など変わり種を希望する声も