炎上弁護士・唐澤貴洋氏が「2018年のネット炎上事件」を解説 ホリエモンの「タクシー運転手との口論配信」は肖像権侵害の恐れ

12月3日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に、殺害予告を受けた数がジャスティン・ビーバーに次ぐ世界第2位と噂される唐澤貴洋弁護士が出演し、一部のネットユーザーの注目を集めた。

ネット上の法律問題が専門という唐澤弁護士は、自身でも「炎上弁護士」と題した書籍を出版している。番組では終始淡々とした態度で「2018年のネット炎上事件簿」を解説し、「炎上弁護士が炎上を解説する」というシュールな様相を呈していた。(文:okei)

石田ゆり子さんの投稿は「問題ない。誹謗中傷コメントをした人のほうが責任を負う可能性」