「学校の開始時刻を遅らせて」 思春期の睡眠不足対策で、大学生がプロジェクト立ち上げ

もっと寝たい

もっと寝たい

思春期の学生の睡眠時間を確保するため、中学・高校の始業時刻を遅らせようというプロジェクトが立ち上がった。その名も「始業時刻適正化プロジェクト」。中心メンバーは、京都大学の瀧本哲史・客員准教授が主催するゼミの参加学生だ。

同プロジェクトの公式サイトによると、思春期の生徒には最低でも8時間の睡眠時間が必要だ。しかし日本の高校生で8時間以上寝ているのは約1割のみ。男子生徒にいたっては約半数が6時間未満しか眠っていないという。

アメリカ小児科学会「思春期は23時前に寝て朝8時前に目覚めるのは難しい」