都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」

店舗画像

写真:昼間たかし(3月2日撮影)

東京・銀座の昭和通りにあるロシア食品専門店「赤の広場」の看板が何者かによって破壊されていたことがわかった。同店のツイートによると、道に設置する看板の上部がバッキリと割られている。事件は2月28日の夕方のことで、店では「ロシアの食品を扱っているという理由からでしょうか。店名のせいでしょうか…」と綴っている。(取材・文:昼間たかし)

この店は2014年からロシア食品のネット通販をしていたビクトリアショップが2021年2月にオープンしたリアル店舗。ロシアやウクライナを始めとした国々の食品、チョコレートやロシアンティー、肉製品やピロシキ。さらにはマトリョーシカやプーチングッズも買えるとSNSでも話題になっていた。

店のツイートは、こんな風に続けられている。

看板画像

「赤の広場」公式ツイッターより

実は当店代表はウクライナ人、スタッフもウクライナ人、ウズベク人、日本人です。そのうちの5人はシングルマザーとして家族の生活を支えるために働いています。
私たちがどんな国の出身者でも、お店と政治につながりはありません。私たちは日本とウクライナ、ロシア、その他の国々との懸け橋になりたいという気持ちで働いています。
早く両国に平和が訪れて、お互いの国が仲良くなることを心から望んでいます。そして祖国の人々に笑顔が戻ることを願っています。

過去の報道によると、同店の店主のミヤベ・ヴィクトリアさんはウクライナ東部のドネツク出身。日本人と結婚して来日した後にドネツクの工場で製造するチョコレートの輸入から、このビジネスを始め東日本大震災の際にはトラック三台分のチョコを被災地に寄付したこともあるという(『東京新聞』2020年6月28日付朝刊)。

そんな店を攻撃のターゲットとする憎悪の連鎖には悲しみしかない。

実は筆者は、たまたま今日、日中に同店を訪れていた。時々利用しているのだが、店内はいつも以上に賑わっている様子だった。店を愛用する人たちも、この間の情勢を心配したのだろうか。大人気の冷凍ピロシキは売り切れ(週末入荷予定のこと)。プーチン大統領パッケージのチョコレートもよく売れているようだった。

店内画像

写真:昼間たかし(3月2日撮影)

いつもはロシアンティーばかり買っているのだが、今回ちょっと興味が沸いてボルシチの素を買ってみた。「ウクライナ風ボルシチ」と日本語で書かれた下には「原産国:ロシア」の文字。表に書かれているキリル文字はなにが書いてあるのだろうと気になって翻訳してみたら、ウクライナ語で「おいしい自家製スープ ウクライナのボルシチ」という意味だった。このパッケージひとつを見るだけでも、対立は不要だと改めて感じる。

救いなのは、看板が壊されたことを記したツイートに寄せられるコメントが暖かいものばかりなことだろう。中にはさっそく看板の寄付を申し出るツイートもあった。

今後の商品の輸入がどうなるか不透明だが、店に置いてあるものはどれも美味い。とにかく食べて応援だと、店で買ったエコバックに商品を入れてもらって帰ってきた。

平和を祈る貼り紙

写真;昼間たかし(3月2日撮影)

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ