【実録】過労死ライン超の世界「医者に”命の危険がある”と言われた」「エナジードリンクで疲労をごまかす」

【実録】過労死ライン超の世界

【実録】過労死ライン超の世界

月に80時間を超える残業をすると、心身の健康を著しく損ねる。この「80時間」は働きすぎによる健康障害と、労働災害認定の因果関係の判断となる目安の時間だ。キャリコネニュースのアンケートに寄せられた過労で心と体に支障をきたした人からのエピソードを紹介する。

技術職の中間管理職として働いていた40代女性は、月に200~400時間の残業をしていた。しかもこの生活は何年にも及び、女性は「会社に住んでいるような状態だった」と当時を振り返る。

過呼吸で倒れても、上司からは「俺の管理能力を問われるから倒れるな!」と言われる始末。プロジェクト成功のプレッシャーを3年にわたってかけ続けられ、出社できなくなった。

休職したものの完治を待たずに無理に復職。しかし女性は解雇された。職場に対して「完全に使い捨てにされた」と嘆く。

「気休めのために飴やガムを買い込み食べまくったり、コーヒーをがぶ飲みしたり」