「会社の床にダンボール敷いて眠った」第2回ブラック企業エピソード大賞発表「転職してインフルで休めることに驚いた」

第2回ブラック企業エピソード大賞発表

第2回ブラック企業エピソード大賞発表

残業の証拠を残せるスマホアプリ「残業証拠レコーダー」を提供する日本リーガルネットワークは1月17日、第2回ブラック企業エピソード大賞の結果を発表した。2回目の募集テーマは「ブラック企業からの転職エピソード」だ。

今回、大賞となったのは小売業で働いていた東京都の30代女性の経験談だ。毎月100時間以上のサービス残業が続き、1か月休みが無いことは当たり前で、常に人手不足だった。本来5人で回す仕事を1人で行っており、

「朝の7時から出勤し、店に泊まり込んでいました。閉店後に床にダンボールを敷き、ダンボールと作業着をかけて眠り、朝方荷物が運ばれてくる3時から起床し仕事をしていました」

と語る。この状態について「中小企業の会社だから仕方ないと思っていました。休みや残業手当がつくのは大企業だけだと本気で思いこんでいた」と振り返る。

「転職当初は『こんなに休んでは責められるんじゃないか』と眠れない日々が続いた」