内定者の実家に「家庭訪問」するメリット 「入社後、問題が起きても親に相談しやすい」「早期離職防止に繋がる」

内定者の実家に「家庭訪問」するメリット

内定者の実家に「家庭訪問」するメリット

内定承諾した学生の親に、入社に賛成しているのか確認する「オヤカク」を実施する企業が増えている。そんな中、リフォーム事業などをおこなうメッドコミュニケーションズは内定者を対象に2015年から家庭訪問を行っている。

家庭訪問では、内定者の親に会社の取り組み、仕事内容、研修内容等を説明する。また親に内定者の人柄を聞き、教育方針を決める際の参考にしているという。

同社が発表したリリースによると、2019年度入社の内定者は34人。2018年12月から2019年2月にかけて、北は青森県青森市から南は沖縄県石垣市まで、経営幹部社員6人と人事担当者1人が訪問する。

「家庭訪問で親の愛情の強さと深さを共有した幹部社員が、入社後をサポート」